おもしろおかしい体操選手を紹介していくサイトです。よかったら読んでください。

ウサちゃんが可哀そうなことになって帰ってきました。
あぁ、痛々しい・・・

幼稚園の名札ですがね(^_^;)
でもやっぱり可愛い象徴として愛されるウサちゃんですから、名札とは言えコレは悲しいです(>_<)

お兄ちゃんの頃から不思議に思っていました。
どうして活発な動きをする幼稚園児に、このような名札を付けるのか。
いやね、学年ごとにモチーフが違うんですよ。
2歳時はヒヨコ型、年少はちゅーりっぷのお花型、年中はうさぎ型、
年長は・・・忘れました(^^ゞ
が、とにかく年中のうさぎだけが危うい形なのです。
上と下のバランスが良くなくて、ちぎれやすいというかね・・・

特別にうちの子だけが活発なわけではないのです。
それこそ首の皮1枚のウサちゃんなんてそこらじゅうに溢れてますから・・・

担任の先生に相談したところ、120円で売っているとのこと。
「もう3学期だし無しでもいいよ」と言っていただいたのですが、
やっぱり名前って大事ですよね。
とくに子どもなんて誰ともすぐ仲良しになれますから、
ちゃんと名札をつけてお友達に名前を覚えてもらわないと。ね(*^_^*)

ということで、元気なウサちゃんを120円にてゲット★
「子どもの思い出箱」に幼稚園の名札もしまっている我が家、
ぜひそこにはこの「悲しきウサちゃん」も元気だった娘の証として入れておきたいと思います(^^♪

自分がきなこに目がないことには、本当に困ってしまいます。
見かけると絶対に買ってしまうのが、やわらかきなこ飴。
近くには売っている店がないので、出かけたときはつい大人買いしてしまいます。

きなこ豆も好きだけど、お気に入りのメーカーのものを見かけなくなってしまいました…。
コンビニで安く売られていた他のメーカーのきなこ豆を買ってみるも、
きなこが全然薄い(>_<)
これはきなこ豆とは認められません。
がっつり濃厚なきなこ豆がまた食べたいです。

きなこ餅なら、特にきなこ好きじゃなくても
作って食べることがあるのではないでしょうか?
お餅にきなこをまぶすだけ…と言ってしまえばそれまですが、
きなこ餅にもいろいろあるんですよね♪

まずは、お餅を加熱する方法。私は最初にこんがり焼いてから、
お湯に浸けて柔らかくします。
この他の一般的方法は、電子レンジ加熱。
私も時間がないときや焼くのが面倒なときは、電子レンジを使います♪

電子レンジを使うにしても、お餅を水に濡らして加熱する方法と
お餅を水に浸して加熱する方法があります。
私は後者で、深みのあるお皿や器にお餅を入れて水を加えて加熱します。
この方がお餅がまんべんなく柔らかくなるし、
時間がたっても硬くなりにくいような気がするので(^^)

でもやっぱり最初に焼いた方が、こんがりとした香ばしさがあって一番好きです♪

まぶすきなこも、そのときの気分によって変えることがあります。
いつもは「きなこ:砂糖=2:1」に塩少々。
ひたすらきなこを味わいたいときは、これを「きなこ3+塩少々」にすることも(^^ゞ
砂糖なしでも、きなこの香ばしさとわずかな塩気でとても美味しいですよ(*^_^*)

ごまが好きな方は、すりごまを加えてみてもいいと思います。
きなこ好きの私にとっては邪道ですが(笑)

ラーメンのトッピングならわかりますが、おかずと言われるとピンときません、ラーメンだけがあれば充分な私。他のものを用意してもらっても、おそらく食べきれずに終わってしまうでしょう…。

みんなはどんなものをラーメンのおかずに選んでいるのでしょう?まずはトップ5をご紹介します。

<ラーメンに合うおかず 1位~5位>

1位 餃子
2位 チャーハン
3位 白いご飯
4位 ラーメンの他には何もいらない
5位 からあげ

1位2位は、納得の結果。餃子はラーメンのお供として定番ですね。ラーメン屋さんに入っても、メニューに餃子の文字が無いことは滅多にないような気がします。

ラーメンといえばチャーハンという人も多い。これも餃子と同じく、メニューの一つに用意しているラーメン屋さんがたくさんあります。

実はそれは、私が昔から抱いている不思議なことの一つ。私にとって、餃子のお供は白いご飯。今までの人生、ラーメンと一緒に餃子を食べたことがありません。

チャーハンもまた同じ。ラーメンを食べるならラーメンだけ。チャーハンならチャーハンだけ。どちらも一緒に出されても、どちらか一方しか食べられません。

餃子もチャーハンもくどくてボリュームあるものなのに、どうしてラーメンの相方として定番なのでしょう?私にとっては、不思議でたまりません。

白米というのは、まだわかります。男の人やよく食べる人には、ラーメンだけでは物足りないでしょう。私はラーメンの汁を鍋に残しておいて、そこに白いご飯を入れて雑炊にするのは好きです♪

やっぱりラーメンだけでいいという人も多いのですね!同じ意見の人が案外多いことがわかり、ちょっと嬉しいです(^^ゞ

私は見たことないですが、からあげラーメンがあっても良さそうですね。でもからあげをラーメンの中に入れたら、さらにくどくなってしまうでしょうか(^^;

おみそ汁に入れる小さな麸を探していたら、思いがけず大きな車麸を発見。てっきり使い切ってしまったつもりでいたら、まだ買い置きが残っていたようです♪

その代わり、目当てだった小さな麸は見つからず…。使い切ってしまっていたのは、おみそ汁に入れる麸の方だったみたいです(^^;

車麸を小さくちぎっておみそ汁に入れるわけにもいかないし、急遽メニュー変更。おみそ汁の具は、ワカメと卵に変えることにしました。そして車麸の煮物をもう一品追加♪

車麸と一緒に煮たのは、ちょうど冷蔵庫に残っていたマイタケです。これは炒め物にするつもりでしたが、煮物にすれば油を使わずヘルシーになるので好都合(^^)最近は寒さも一段と厳しいので、ちょうど温かい煮物を食べたいと思っていた頃なんです♪

コトコト煮込み、麸が煮汁をたっぷり吸い込んだ頃にいただきます(*^○^)うん、我ながらおいしくできました!…といっても、おでんの素を使ったので私の味付けの腕前は全く関係ないのですが(^^; これなら誰が作っても大体同じ味になります(笑)

本当ならだしからちゃんととって、自分で味付けするのが好き。でも今回は急いでいたので、おでんの素に頼らせてもらいましたm(_ _)mそれでも充分おいしい煮物の出来上がり!こういうときって、市販の素はとても便利ですね。

「まるで鯉のエサを食べているみたいだ」と、小さな麸はあまり好まない父。でも食べごたえのある車麸だけは別で、車麸なら喜んで食べてくれます(^^)

今回の煮物も、マイタケからよくだしが出ているし味付けも上手だと大絶賛!味付けを褒められ…嬉しいやら何やら、ちょっと複雑な気分ですが(笑)

今回一番頑張ってくれたのは、旨味を出してくれたマイタケと便利なおでんの素です(^^ゞ